牛込歯科の清潔さのこだわり

1.png

↑消毒室: 写真の装置(オートクレーブ)は、高温・高圧・水蒸気で、細菌やHIVウイルス、B型肝炎ウイルス・C型肝炎ウイルス・ノロウイルスなどを滅菌します。


↓滅菌後の器材: 歯を削るときに使用するハンドピースなどの器具は、滅菌パックに入れて滅菌した後、保存しています。

 2.png

 

 

治療器具の滅菌について

歯科用器具の滅菌は、日常の業務として行っています。
当院では、院内に講師をお招きして、正しい方法で滅菌が行われているかを、確認しています。どんなに優れた滅菌装置や消毒液も、正しい使用方法でなければ、滅菌効果が得られません。スタッフ一同、大切な皆様をお迎えするという意識を常に持ち、滅菌の徹底を行っています。他にも、機械で滅菌するだけではなく、グローブやコップなど、使い捨てにできる道具は使い捨てにし、常に新しい道具を治療に使用しています。また、皆様が直接触れる診療イスの消毒・清掃も積極的に取り組んでいます。
清潔な器具で、安心して治療を受けて頂ければ幸いです。

誰がどんな病気に感染しているかを見分けることは、容易ではありません。当院では、感染症の有無に関わらず、未知の感染症に対して、すべての患者を対象に行う予防策である、スタンダードプリコーションを採用しております。